50歳過ぎたらプラズマローゲンで認知対策!

50歳過ぎたら、認知対策に必要な脳内成分をプラズマローゲンのサプリメントで補いましょう。

プラズマローゲンを長く継続して摂るには?

プラズマローゲンは、年齢とともに減りやすい性質があります。

また、仕事や人間関係などのストレスでも影響されます。

 

なので、長期的に継続して体内に摂り入れることが大切です。

このプラズマローゲンは、動物の体内に多く存在します。

ではどんなものに多く含まれているのでしょうか?

 

f:id:arukeru:20170512155849j:plain

 

これまでは豚や牛から少量抽出されていましたが、最近では鶏の胸肉やホタテ貝から抽出できるようになりました。

鶏の胸肉などは、安くて入手しやすいですからうれしいですね。

 

f:id:arukeru:20170512155923j:plain

 

次にホタテですが、ホタテからは新たな事実が明らかになっています。

ホタテのプラズマローゲンには鶏やその他にはない物質が含まれています。

f:id:arukeru:20170512160247j:plain

それは、不飽和脂肪酸の「DHA]や「EPA]です。

ホタテのプラズマローゲンを摂ると血液サラサラの上に頭スッキリ!

 

ですが、このプラズマローゲンはなかなか食べ物からは、摂取することが難しいと言われています。

プラズマローゲンの性質上、壊れやすいので量を食べたからといって摂れるわけでもないからです。

とくに高齢者になると量が食べれませんよね。

それに、毎日ホタテや鶏の胸肉ばかり食べれません。

 

おいしいホタテですが、一般的にはホタテには「ウロ」と呼ばれる部分に貝毒の危険があるとされています。

ですが、製造時にホタテから「ウロ」の部分だけを取り外して、プラズマローゲンの成分のみを抽出しているので安心して摂ることができます。

 

f:id:arukeru:20170512160403j:plain

 

長く継続して摂取するには、サプリメントに加工されているものが手軽でいいですね。

早速、親に試してみようと思います。

プラズマローゲンサプリメント