50歳過ぎたらプラズマローゲンで認知対策!

50歳過ぎたら、認知対策に必要な脳内成分をプラズマローゲンのサプリメントで補いましょう。

なぜ、プラズマローゲンが必要なのか?

最近、高齢者による交通事故が増え続けていませんか?

テレビや新聞では、毎日のように高齢者による交通事故が報道されています。

 

f:id:arukeru:20170505194836j:plain

 

主な原因は、ブレーキとアクセルの踏み間違い、続いて左右の確認不足。

明らかに認識力や判断力の低下によるものです。

 

高齢者マークを張っている車が自分の車の前を走っていると、自然と距離を置くようにしています。

 

わたしも高齢者の父(78歳)の運転で助手席に座ったのですが、とにかく反応が

遅くてヒヤッとすることが頻繁に発生します。

 

父が乗っている車を見るとあちこちぶつけて傷だらけ。

ブレーキが効かなくなった?とか言い訳するのですが・・・。

 

f:id:arukeru:20170507122950j:plain

わたしが父の車を運転して分かったことは、ブレーキが効かなくなったのではなく、

明らかに父のブレーキを踏む足の筋力が、落ちていることに気づきました。

 

年々衰えていく心と体、このまま父に運転を続けさせるわけにはいきません。

免許を返納させるか、ただ今検討中ですが、地方都市の交通の便が思わしくないため

難しい問題ですね。

 

警察庁の調べでは、75歳以上の高齢者のドライバーの死亡事故の割合が全体の

13%(平成28年)以上で年々増加しています。

 

こうした現状を受けて、法的な措置も進められています。

取り返しのつかない悲惨な事故を起こさないためには、避けられない問題です。

ひとたび事故を起こすと本人だけでなく家族を路頭に迷わせます。

 

f:id:arukeru:20170506095039j:plain

自分は大丈夫」と思っていませんか?

たとえば、ウッカリが多くなったり、ヒヤリが多くなってきたら自分の衰えを

謙虚に受け止めましょう。

そして、自らの衰えを受け入れ、少しでも進行を防ぐのも家族のために

必要ではないでしょうか?