50歳過ぎたらプラズマローゲンで認知対策!

50歳過ぎたら、認知対策に必要な脳内成分をプラズマローゲンのサプリメントで補いましょう。

ストレスによる脳疲労とプラズマローゲンとの関係

「脳疲労」って、聞き慣れない言葉ですよね。

 

1997年に現在の医学博士である 藤野武彦 九州大学名誉教授が発表した「脳疲労」理論!

2015年2月にTBSより放映された「夢の扉」で脳疲労という言葉が一躍注目を集めました。

 

 

現代病といわれるメタボや糖尿病などの生活習慣病ですが、生活習慣を改善すれば生活習慣病が治るはずですし、また、予防もできるはずです。

 

そもそも生活習慣を改めなければならないほど、生活習慣が悪化するとはどういうことでしょうか。

藤野武彦教授が発表した「脳疲労」理論によると、生活習慣病の始まりは脳疲労からだという学説ですが。

生活習慣病の始まりは脳疲労から?」

とは、どういうことなのか???

 

「脳疲労」、読んで字のごとく脳の疲労、脳が疲れている状態のことですよね。

脳の疲れを取り除くことが、生活習慣病の治療法や予防法であると藤野教授は仮説しています。

(脳を疲れた状態にさせない独自の解消法・BOOCS法(脳疲労解消法)を考案。)

 

 

現代は情報社会・ストレス社会です。

この社会を生きている以上、ストレスは無くなりません。

f:id:arukeru:20170514162954j:plain

ストレスとは簡単に説明すると「自分に加えられた力」。

そのストレスをどう受け止めるかは人によって違いますよね。

ある人によってはプラスに働くし、また、ある人にはマイナスに働きます。

 

たまにストレスを感じないという、うらやましい人もいますが、感じないというより

上手く受け流しているんでしょうね。

ホント、うらやましい。

 

 

わたしたちが、身近に感じているストレスとして、仕事の上でのストレスとか人間関係からくるストレスがあげられます。

仕事上でのストレス・人間関係のストレス、どちらも現代社会から切り離せない。

f:id:arukeru:20170514163650j:plain

このストレスがマイナスに長く働くと、大脳の新皮質と旧皮質の関係が破綻してしまいます。

(大脳の新皮質⇒理性の脳、大脳の旧皮質⇒本能の脳)

 

通常は、大脳の新皮質と旧皮質はバランスよく働いています。

破綻するとは、大脳の新皮質と旧皮質のバランスが崩れ、頭が働かなくなったり人の名前が出てこないなどこのまま放置すると精神的・肉体的にリスクをかかえることになります。

 

この結果、脳内に酸化物質が発生し脳細胞が酸化してしまいます。

この状態が慢性化してしまうと脳細胞は死滅し、ネットワークが壊れさまざまな病気が発症します。

 

これに対して、脳細胞の身代わりになって酸化され、脳細胞を守るのがプラズマローゲンです。

病気の発症を防ぐ「抗酸化作用」の役割を果たします。

 

このプラズマローゲンは歳を重ねるごとに減少します。

そして、食べ物から量が摂取できません。

最近はサプリで簡単にプラズマローゲンが摂れるようになりました。

賢く摂ってストレスと上手くつきあいましょう。

 

涙を流すのも良いと聞きますよ。

スッキリするからでしょうかね♪

f:id:arukeru:20170514163540j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は大丈夫と思っていたが・・・。

わたしの仕事場と、父が一人暮らししている実家までの距離は約80km。

時間にして平均1時間40分。

仕事を終えたその足で実家に向かい、父の様子(介護)をみて、早朝仕事に発ちます。

 

f:id:arukeru:20170513195706j:plain

 

2日前、仕事を終え実家に向かう途中で、2件の交通事故の現場に遭遇しました。

どちらの事故も大した事故ではなかったように見えましたが、夕方の家路を急ぐ時間帯にため、渋滞しました。

 

事故現場を通りすがりに見た事故車にはどれも高齢者(もみじ)マークが貼られていました。

 

f:id:arukeru:20170513200104j:plain

 

単独事故でも大変なのに、他人を巻き込むような大きい事故になると、平穏な毎日が一瞬にして吹き飛びます。

自分の家族だけでなく、相手の家族も。

 

 

わたしも他人事ではありません。

父の介護が必要になり、実家通いを続けて4年が過ぎます。

その間、運転中にヒヤッとすることが増えてきました。

今わたしは50代半ば。

「まだまだ自分は大丈夫!」

と、思っていましたが、歳には勝てないんですかね。

 

疲れが蓄積しているのか、運転中うっかりしていることが多くなりました。

昨日も仕事で久しぶりに会った人の名前が浮かばない。

毎年のように会っている人なのに。

同僚に名前を聞く始末。

ショックというより情けない感じがして、さびしい限りです。

自分は大丈夫と思っていたのですが、いつまでも若くないということですかね。

 

f:id:arukeru:20170514154125j:plain

父に試すため、プラズマローゲンを購入するつもりでいましたが、

自分も必要なのではと正直思っています。

このままでは、マジでヤバイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラズマローゲンを長く継続して摂るには?

プラズマローゲンは、年齢とともに減りやすい性質があります。

また、仕事や人間関係などのストレスでも影響されます。

 

なので、長期的に継続して体内に摂り入れることが大切です。

このプラズマローゲンは、動物の体内に多く存在します。

ではどんなものに多く含まれているのでしょうか?

 

f:id:arukeru:20170512155849j:plain

 

これまでは豚や牛から少量抽出されていましたが、最近では鶏の胸肉やホタテ貝から抽出できるようになりました。

鶏の胸肉などは、安くて入手しやすいですからうれしいですね。

 

f:id:arukeru:20170512155923j:plain

 

次にホタテですが、ホタテからは新たな事実が明らかになっています。

ホタテのプラズマローゲンには鶏やその他にはない物質が含まれています。

f:id:arukeru:20170512160247j:plain

それは、不飽和脂肪酸の「DHA]や「EPA]です。

ホタテのプラズマローゲンを摂ると血液サラサラの上に頭スッキリ!

 

ですが、このプラズマローゲンはなかなか食べ物からは、摂取することが難しいと言われています。

プラズマローゲンの性質上、壊れやすいので量を食べたからといって摂れるわけでもないからです。

とくに高齢者になると量が食べれませんよね。

それに、毎日ホタテや鶏の胸肉ばかり食べれません。

 

おいしいホタテですが、一般的にはホタテには「ウロ」と呼ばれる部分に貝毒の危険があるとされています。

ですが、製造時にホタテから「ウロ」の部分だけを取り外して、プラズマローゲンの成分のみを抽出しているので安心して摂ることができます。

 

f:id:arukeru:20170512160403j:plain

 

長く継続して摂取するには、サプリメントに加工されているものが手軽でいいですね。

早速、親に試してみようと思います。

プラズマローゲンサプリメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラズマローゲンとアルツハイマー型認知症との関係

f:id:arukeru:20170511180514j:plain

 

まず、アルツハイマー認知症がどうやって発症するのか簡単に説明すると、

記憶をつかさどる海馬アルツハイマー認知症の原因である「アミロイドβ(ベータ)タンパク質」が沈着します。

その結果、神経細胞やネットワークが破壊され、発症することが分かっています。

 

f:id:arukeru:20170511175107j:plain

 

1997年、第一人者である「藤野武彦」教授が発表した「脳疲労」理論にもヒントがあります。

脳疲労が起こった結果、メタボや糖尿尿のほか、生活習慣病を発症するのと同じようにアルツハイマー認知症も発症するとか。

 

f:id:arukeru:20170511180213j:plain

 

そして、これまでの研究でアルツハイマー認知症になった患者の脳や血清を調べてみると、プラズマローゲンが減少していることが明らかになっています。

 

我々人間は、仕事や人間関係でストレスを感じると、その瞬間に脳内に酸化物質が発生し、脳細胞が酸化してしまいます。
このストレスの状態が慢性化してしまうと脳細胞は死滅し、ネットワークが壊れさまざまな病気が発症します。

f:id:arukeru:20170511181810j:plain

これに対し、プラズマローゲンが脳細胞の身代わりになって酸化され、脳細胞を守り病気の発症を防ぐ抗酸化の役割を果たしています。

プラズマローゲン自身が酸化物質に酸化され、細胞を守る「抗酸化作用」を発揮することが、近年になって分かってきました。

 

結果、プラズマローゲンがアルツハイマー認知症の原因とされるアミロイドβ(ベータ)タンパク質の蓄積を抑制する作用を持っています。

 

さらに神経細胞を新生させる能力があります。

壊れた細胞を良くするのではなく、新しい細胞をつくる。

 

新しい細胞が生まれれば、アミロイドβ(ベータ)タンパク質で壊れた細胞を改善する必要がないですね。

 

体内で情報伝達にかかわっている重要な物質「リン脂質」の一つであるプラズマローゲン。

わたしたちの脳細胞に深くかかわっているのが分かります。

 

f:id:arukeru:20170512163603j:plain

そのプラズマローゲンですが、人や動物、魚介類の体内に存在する自然物質。
人間の体内に存在するリン脂質の18%がプラズマローゲンです。

 わたしたちの体内では、古い映画「ミクロの決死圏」のようなことが日常に起こっているのかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラズマローゲンの口コミ

プラズマローゲンを愛飲している方の口コミ情報を調べてみました。

 

f:id:arukeru:20170510090141j:plain

 

やはり個人差がみられますね、当たり前ですけど。

効果が2週間ほどで現れる方もいれば、1ヶ月以上かかる方もいます。

 

80代女性

健康が一番

毎日しっかりと元気に過ごしていられるのは、プラズマローゲンのサピリメントのおかげ。
今の生活を維持できるように、これからもしっかり飲み続けたい。

 

60代女性
母がしっかりしてきた。
高齢者施設で暮らしている母にこのサプリメントを飲んでもらっています。
母の反応がこころなしかしっかりしてきたような気がします。

 

50代男性
いつまでも若々しくいたい。
日ごろから体調には気をつけているつもりですが、年齢とともに難しいことを考えるのが面倒になり、考えがまとまらない。
このサプリを飲み始めて頭の中がクリアになったような気がします。

 

60代女性
笑顔が戻りました。
このサプリメントを飲みはじめて頭が冴えてきたような気がします。
ウッカリやボンヤリすることが少なくなりました。
調子いいのでしばらく続けてみようと思います。

 

50代女性
ぼんやりすることが減りました。
最近体調がすぐれずれないし、ぼんやりして失敗を繰り返したり。
健康に不安をかかえるようになりました。
そんなときこのサプリと出会いました。
私の身体に合ったのか、最近いい方向に向かっているみたい。

 

口コミでは、なかなか自分の身体の変化に気づきにくい、また、気づいたとしても何が原因でこうなったのか不安をかかえている方が少なくありませんでした。

まだまだ、プラズマローゲンの認知度が低いのかもしれませんね。

口コミが増え次第、追加していきたいと思います。

 

f:id:arukeru:20170510090324j:plain

 

歳だからとあきらめず、本や新聞、テレビなどで情報収集をしましょう。
それ自体が認知機能を遅らせることにもつながります。

 

プラズマローゲンサプリ